セルライトを放っておくと?

一度できてしまうとなかなかなくすことができないセルライト。
落とすことができないとあきらめてしまいがちですが、実は放っておくと体に影響が出ることがあるのです。

セルライトができるようになると、血液やリンパ液の流れが悪くなります。
そうすると、その場所に老廃物などがたまり、セルライトが硬く大きくなっていくのです。
その結果しこりのようになり、マッサージだけではほぐすことができなくなったり、触ると痛みを感じたりするようになります。

自分でケアすることができなくなるので、悪循環に陥ることとなるでしょう。

もっとひどいことになると、血栓症の原因となることもあります。
日本では欧米諸国に比べると多くはありませんが、こうなってしまうと手術をして除去するしか方法がありません。
そもそも血栓症は血液の塊が血管の中につくことで、血液が流れていくことを邪魔することで起こります。
この原因となる血液の塊の代わりに、脂肪の塊であるセルライトが血液の流れを邪魔してしまうことで、血栓症を引き起こしてしまうというわけです。
血栓症が悪化すると、心筋梗塞や肺気腫、糖尿病などの症状が現れるようになるので、見逃してはなりません。

また、水腫の原因にもありますので、注意しましょう。

しかし生活習慣を変えたり、簡単な運動をすることによって改善することが可能です。
ひどくなる前にセルライトの改善によいことを継続的に行いましょう。人気のセルライトエステ体験のWebサイトなどを見て、実際にセルライトエステへ行ってみるのもよいでしょう。セルライトがすべてなくなるまでには時間がかかりますが、放っておくと取り返しのつかないことになる可能性もありますので、ぜひ少しずつ改善していきましょうね。